トップページ端末一覧 > Moto Z2 Playのレビュー

Moto Z2 Playのレビュー

最終更新:2017年7月27日

Moto Z2 Play

Moto Z2 Playは、プロジェクターのMoto Mods(別売り)を装着することで最大70インチ(153.9cm × 86.6cm)の画面投影が可能なモトローラ製のSIMフリースマホです。プロジェクターをつけることで、映画をテレビサイズの画面で楽しむことができます。また、プロジェクターをつけることで、オーディオ機能も拡張できるようになりますので、より臨場感の映像を楽しむことができます。

 

高さは156.2mm、横幅は76.2mm、厚みは5.99mmで、重さは145g。ディスプレイは5.5インチフルHD(1,920×1,080ピクセル)。SIMはデュアルSIMデュアルスタンバイ)で、ともにナノサイズとなっています。カメラは、背面1,200万画素・前面500万画素あり、バッテリは3,000mAhです。

 

CPUはコアが8つのオクタコア(Snapdragon 626)を搭載しており、動作周波数は2.2GHz。メモリは4GBで、処理速度はかなり早い部類です。また、ROMは64GBとなっており、OSはAndroid 7.1.1 ヌガーとなっています。

 

周波数帯域は、LTEの2100MHz(band1)、1800MHz(band3)、850MHz(band5)、2600MHz(band7)、900MHz(band8)、800MHz(band19・20)、700MHz(band28)で、プラチナバンドにもしっかり対応しています。

 

価格は5万円台あたりで販売されています。基本的なスペックは価格相応といったところなので、プロジェクター機能に魅力を感じないようであれば、そこまでコストパフォーマンスに優れているとは言えません。

 

  • Moto Z2 Play」取り扱い会社
  • IIJmio(49,800円、2,080円/月×24回)

 

ページトップに戻る