トップページ端末一覧 > Blade V770のレビュー

Blade V770のレビュー

最終更新:2017/4/11

Blade V770

Blade V770は、アルミ合金とガラスで構成されたメタリックボディが特徴のZTE製のSIMフリースマホです。スマホの再生システムに合わせてサウンドが最適化されるドルビーオーディオを採用しており、高品質なサラウンドサウンドが体験できます。また、イコライザー(音響カスタマイズ機能)を使って自分好みの音質を実現することもできます。音にこだわりのある方におすすめの格安スマホです。

 

高さは147mm、横幅は72.5mm、厚みは7.6mmで、重さは145g。ディスプレイは5.2インチフルHD(1,920×1,080ピクセル)。SIMはナノサイズとなります。カメラは、背面1,300万画素・前面500万画素あり、バッテリは2,540mAhです。

 

CPUはコアが8つのオクタコア(Snapdragon 617 MSM8952)を搭載しており、動作周波数は1.5GHz×4+1.2GHz×4。メモリも2GBで、処理速度は普通の部類です。また、ROMは16GBで、OSはAndroid 6.0となっています。

 

周波数帯域は、LTEの2100MHz(band1)、800MHz(band18)、2600MHz(band41)で、プラチナバンドにもしっかり対応しています。

 

価格は2万円台中ごろで販売されています。ZTEの格安スマホはコストパフォーマンスが良いイメージで、この価格帯なら、もう1ランク上のCPUスペックを搭載してもおかしくないのですが、音響システムにコストがかかっているのでしょうか。

 

  • Blade V770」取り扱い会社
  • UQモバイル(26,500円、1,100円/月×24回)

 

ページトップに戻る