動画をまとめて見たい方におすすめの格安スマホ会社

忙しい平日は、動画を見るにしてもすき間時間にちょこちょこ見る程度なので、高速通信データ容量もそれほど消費しませんが、土日や祝日などにまとめて動画を見る場合は、高速通信データ容量の消費もかなり多くなります。また、格安スマホ会社によっては、3日あたりの高速通信データ容量に通信制限を設けているところがありますので気をつけましょう(通信制限に引っかかると、強制的に低速通信へ切り替わります)。動画をまとめて見る方は、これらの点に注目して格安スマホ会社を選んでください。

 

まず、高速通信データ容量ですが、一般的に5GBの次が10GBのプランになっており、動画をまとめて見る方は10GBを選んでおくのが良いでしょう(DMMモバイルは、7GB・8GBのプランも用意しています)。

 

通信制限に関しては、mineo(ドコモ)DMMモバイルBIGLOBE(6GB・12GB)などは制限がありませんので、動画をまとめて見る方にはおすすめの格安スマホ会社と言えます。逆に、IIJmioは3日あたり366MBという通信制限を設けており、すぐに通信制限がかかってしまいますので、動画をまとめて見たい方には向いていない格安スマホ会社と言えます。他に、DTI SIM(1GB以外)が3日あたり高速通信データ容量1GB、楽天モバイル(10GB)が3日あたり高速通信データ容量1.7GBと、やや少なめの通信制限を設けていますので、これらも動画をまとめて見たい方には向いていない格安スマホ会社と言えます。

 

 

ページトップに戻る