トップページ > 格安スマホ乗り換え手順 > 申し込みプランを決定する

申し込むプラン(SIM・高速データ通信容量)を選びましょう

※基本的に格安スマホ会社の料金支払いはクレジットカードでおこなわれます(口座振替可能な格安スマホ会社)。クレジットカードをお持ちでない方は、まずはじめにクレジットカードをお作りください(ご自身に安定収入がなくても、世帯主・配偶者に安定収入があればクレジットカードを作ることができます→クレジットカードを作る)。

 

まずは、SIM[電話機能あり(通話SIM)・なし(データSIM)]の選択ですが、妻も私も電話機能がついている通話SIMを選びました。

 

次に、高速データ通信容量プランの選択ですが、基本的に1GB・3GB・5GBのプランが用意されていて、妻も私も3GBプランを選びました(→高速データ通信容量1GBでできること)。仮に、容量を使い切ったとしても、それ以降は低速通信に切り替わるだけなので何の問題もありません。

 

SIM」と「高速データ通信容量プラン」が決まれば、あとはどの会社で格安スマホの端末を買って利用するかですが、妻も私も楽天モバイルを選びました(動作確認済みの端末をお持ちであればSIMの購入だけで済みます)。私が選んだときは正直あまり良く調べずに選んでしまいましたが、今回の妻の乗り換えにあたってはベストな選択をしたと自信を持って言えます(現時点では 笑)。

 

楽天モバイルの通話SIMの月額料金が安かったことはもちろん、歳末大感謝祭で人気の端末を半額で購入できたからです!
今回妻が選んだプラン内容(税抜き)と端末がこちらです。

端末
(レビュー)
価格
(24回)
OS  写真
背面
/前面
バッ
テリ
高速
通信
月額
料金

通話
SIM
月額
合計
料金
サイズ
重量
画面  RAM
/ROM 
CPU
周波数
/帯域
Desire 626

HTC
27800
13900
(579円)
Android
5.1
1300
/500
2000mAh なし 1250 1875
3.1GB 1600 2179
H:146.9mm
W: 70.9mm
D: 8.19mm
165g
5インチ
HD
2GB
/16GB
4コア
1.2GHz/
LTE
band1
band3
band19
5GB 2150 2775
10GB 2960 3585

 

な、なんと月3,000円どころか、月2,354円(税抜2,179円)まで、電話代金を抑えることができそうです!では、実際にこのプランを申し込んでいきましょう。
電話番号を引き継ぐ(MNP)解約手続き

 

ちなみに、私が選んだ端末とプラン内容はこちらです。 もう少し安い端末にすれば良かった。。。

端末
(レビュー)
価格
(24回)
OS  写真
背面
/前面
バッ
テリ
高速
通信
月額
料金

通話
SIM
月額
合計
料金
サイズ
重量
画面 RAM
/ROM 
CPU
周波数
/帯域
P8lite

HUAWEI
28600
(1192円)
Android
5.0
1300
/500
2200mAh なし 1250 1875
3.1GB 1600 2792
H:143mm
W:71mm
D:7.7mm
131g
5インチ
HD
2GB
/16GB
8コア
1.2GHz/
LTE
band1
band3
band19
5GB 2150 2775
10GB 2960 3585

 

ページトップに戻る