トップページ > 格安スマホ乗り換え手順 > 電話番号を引き継ぐ(MNP)解約手続き

電話番号を引き継ぐ(MNP)解約手続きをしましょう

現在利用している電話番号を乗り換えた格安スマホでも利用するために、マイナンバーポータビリティ(MNP)の予約申し込みをおこないます。

 

妻が利用しているauは、電話 0077-75470[無料]でMNPの予約申し込みができたので、電話でおこないました(ホームページ > お客様サポート > 申し込む/変更する > 携帯電話番号ポータビリティ、auショップでも申込可能)。

 

最初に自動音声が流れます(MNPの予約申し込みは1番、MNPの確認は2番を押してください)。1番を押しますと、担当者へつながります(日曜日の昼にかけたら5分程またされました)。以下が担当者との主なやりとりです。

 

妻「マイナンバーポータビリティの予約申し込みをしたいのですが」
担「他社様への乗り換えをご検討ということでしょうか?」
妻「はい」
担「電話番号、フルネーム、暗証番号をお教えください」
妻「電話番号、フルネーム、暗証番号(覚えてなくても大丈夫です)」
担「今までのご利用の感謝→どちらの会社様にお乗り換えのご予定ですか?」
妻「楽天モバイルです」
担「乗り換えの理由は?」
妻「電話代が安くなるからです」
担「端末費用はすでにご用意されているでしょうか?」
妻「楽天モバイルで購入予定です」
担「auで機種変更すれば、ポイントで割り引きできますが、
  ご利用を継続していただくことはできないでしょうか?」
妻「けっこうです~」

 

このあと、「解約料金3,000円」と「MNPの発行料金2,000円」、合わせて5,400円(税込み)が翌月に請求されることを伝えられました。それから、予約番号の“乗り換え手続きが完了”した時点で正式にauとの契約が終了すること、auポイントが失効すること、スマホに入っているICカードをハサミで破棄することを伝えられました。

 

そして、ようやくMNPの予約番号を教えてもらえることに。口頭で数字10ケタを伝えられました(メモしました)。そのあと、口頭で数字10ケタを復唱し、有効期限が本日から2週間になることを伝えられました。

 

以上で、電話番号を引き継ぐ(MNP)ときの解約手続きは終わりです。
申し込みフォームの記入(楽天モバイル)

※基本的に格安スマホ会社の料金支払いはクレジットカードでおこなわれます(口座振替可能な格安スマホ会社)。クレジットカードをお持ちでない方は、MNPを申し込む前にクレジットカードを作っておいてください(ご自身に安定収入がなくても、世帯主・配偶者に安定収入があればクレジットカードを作ることができます→クレジットカードを作る)。

 

ちなみに、私はドコモでしたが、ホームページから申し込みました(お客様サポート > 手続きのご案内 > ご契約内容の変更 > 携帯電話の解約・MNPを利用した解約)。ソフトバンクもホームページから申し込めるようです(ホームページ > モバイル > お客さまサポート > 解約する・MNP予約番号を取得する)。

 

ページトップに戻る