トップページ用語辞典 > IP電話とは

IP電話とは

IP電話とは、VoIP(Voice over Internet Protocol)技術を利用した電話サービスのことです。VoIPとは、音声をデータに変換してインターネットを介して伝送する技術のことです。ちなみに、IP電話の電話番号は一般的に「050」ではじまります。

 

通常の携帯電話(音声通話)は、専用回線(3G[W-CDMA]回線)内に一定の帯域を確保して通話しますので、一定の音声品質が保証されています。しかし、IP電話の場合は、通常のインターネット回線を使用して通話することになりますので、同時に多数のユーザーがネットを利用していると音声品質が低下してしまいます。

 

ただ、音声通話と違って専用回線を持たない分、音声通話に比べて通話料金は半分程度になっています。また、同じネット接続サービスを利用したIP電話同士であれば、基本的に通話料は無料となります。

 

さらに、IP電話を利用すれば音声通話サービスをつけなくても済みますので、格安スマホにおいてもデータSIMですべて対応することができ、携帯電話の基本料金を大幅に節約することができます。ただし、IP電話では110番や119番などの緊急通話や0120のフリーダイヤルが利用できなくなります。

 

といっても、普通に生活しているぶんにはこれらの番号が使えなくても何の支障もありませんので、電話番号の変更が問題にならない方は、IP電話の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ページトップに戻る