HDとは

HDとは、high definition videoの略語で、高精細度ビデオのことを表しています。HDの正式な規格は決まっていませんが、一般的に画素数が1,280×720ピクセル、もしくは1,920×1,080ピクセル前後の画質の総称として使われています(1,920×1,080ピクセルの画質をFHD(フルHD)と呼ぶこともあります)。

QHD(クアッドHD)とは、HDの4倍の2,560×1,440ピクセル、qHD(クォーターHD)とは、HDの4分の1倍の960×540ピクセル、QFHD(クアッドフルHD)とは、FHDの4倍の3,840×2,160ピクセルの画質の総称として使われています(別称:4K)。

 

ちなみに、以前のアナログビデオの画質はSD(Standard Definition:標準画質)と呼ばれ、画素数は640×480ピクセル、もしくは720×480ピクセル前後のものとなっています。

HDはSDに比べて画がきれいになっているだけでなく、画が横長になっているのも特徴です。アナログTVからデジタル放送に切り替わったときに、画面が横長になったのはこのためです。

 

ページトップに戻る