トップページ用語辞典 > 周波数帯域とは

周波数帯域とは

周波数帯域とは、データ通信や音声通信をおこなう際に発せられる電気信号の周波数のうち、一番低い周波数と一番高い周波数の範囲のことです。周波数帯域が広いほど、一度に処理できるデータ量が多くなるため、通信速度が速くなります。インターネットの接続回線で用いられる「ブロードバンド」とは、この周波数帯域が“広い(ブロード)”ことを意味しています。

 

なお、携帯電話各社が利用できる周波数帯域は、総務省によって決められており、最適な環境で通信サービスを利用するためには、それらの周波数帯域に対応した端末を用意する必要があります。

ページトップに戻る