トップページ > 格安スマホを比較 > 端末で比較

端末で比較

最終更新日:9月9日

格安スマホ会社がセット販売している端末を比較してみました。格安スマホに乗り換えるとき、SIM選びとともに重視しなければいけないのが端末選びです。端末は最新のものだと5万円を超えてくるものばかりですが、1年前くらいのものであれば3万円以内に抑えることができます。

このページでは、各会社がセット販売している端末の中で、私がお値打ちだと思うものだけを紹介しています(表下に比較項目の詳しい説明があります)。

     
格安スマホ会社のセット販売端末比較表
端末
(レビュー)
価格
(24回)
OS 写真
背面
/前面
バッ
テリ
販売
会社
キャン
ペーン
サイズ
重量
画面 RAM
/ROM
CPU
周波数
/帯域
P10 lite

HUAWEI
29800
(1250)
Android
7.0
1200
/800
3000mAh 楽天モバイル
H:146.5mm
W:72mm
D:7.2mm
146g
5.2インチ
フルHD
3GB
/32GB
8コア
2.1GHz+
1.7GHz /
LTE
band1
band3
band19
nova lite

HUAWEI
21800
(909)
Android
7.0
1200
/800
3000mAh 楽天モバイル
H:147.2mm
W:72.94mm
D:7.6mm
147g
5.2インチ
フルHD
3GB
/16GB
8コア
2.1GHz+
1.7GHz /
LTE
band1
band3
band19
端末
(レビュー)
価格
(24回)
OS 写真
背面
/前面
バッ
テリ
販売
会社
キャン
ペーン
サイズ
重量
画面 RAM
/ROM
CPU
周波数
/帯域
P10 lite

HUAWEI
27600
(1150)
Android
7.0
1200
/800
3000mAh mineo
H:146.5mm
W:72mm
D:7.2mm
146g
5.2インチ
フルHD
3GB
/32GB
8コア
2.1GHz+
1.7GHz /
LTE
band1
band3
band19
iPhone5s

Apple
50400
(-)
IOS
9
800
/120
1570mAh UQモバイル
H:123.8mm
W:58.6mm
D:7.6mm
112g
4インチ
1136
×640
1GB
/16GB
2コア
1.3GHz/
LTE
band1
band3
band8
iPhone SE

Apple
50400
(-)
IOS
9
1200
/120
1642mAh UQモバイル
H:123.8mm
W:58.6mm
D:7.6mm
113g
4インチ
Retina
HD
2GB
/16GB
2コア
1.85GHz/
LTE
band1
band3
band8
端末
(レビュー)
価格
(24回)
OS 写真
背面
/前面
バッ
テリ
販売
会社
キャン
ペーン
サイズ
重量
画面 RAM
/ROM
CPU
周波数
/帯域

 

画面におけるインチとは、ディスプレイ画面の対角線の長さのことです。HDとは、1,280×720ピクセルの解像度の画質のことです。qHD(クォーターHD)はHDの4分の1、QHD(クアッドHD)はHDの4倍の画質となります。

 

RAMメモリ)とは、データ処理をおこなう作業スペースのことで、基本的に容量が大きいほど処理速度が速くなります。ROM記録装置)とは、データを保存するスペースのことです。

 

CPUとは処理装置の中心的な役割を果たす機能です。CPUの核の部分をコアと呼びますが、基本的にこのコアがたくさんあるほど処理速度が速くなります。

動作周波数は、回路が処理をおこなう際に発する電気信号の1秒あたり発生回数[Hz(ヘルツ)]のことで、基本的にこの周波数が高くなるほど処理速度が速くなります。

周波数帯域[band○]は、各端末が対応している周波数帯域のことです。携帯電話に適した通信速度と繋がりやすさを持っているプラチナバンドと呼ばれる帯域は、band19,28(ドコモ回線)、band18,26,28(au回線)、band8(ソフトバンク回線)です。その他の帯域[band]の特徴は、こちらをご覧ください。

 

ページトップに戻る