トップページコラム > ドコモ・au・ソフトバンクを解約するタイミング

ドコモ・au・ソフトバンクを解約するタイミング

格安スマホへの乗り換えを決めて、契約する会社も決まりました。あとは、現在契約しているドコモ・au・ソフトバンクをどのタイミングで解約するかですね。解約して乗り換えるにあたり、費用が発生するのは仕方ないですが、できるだけ少なくしたいですよね。そこで、どのタイミングで解約するのが最もお得なのかを調べてみました。

 

まずは、2年縛りの契約更新月がポイントになってきます。契約更新月以外の月に解約すると、ドコモ・au・ソフトバンク、いずれも9,500円の違約金が発生してしまいます(※ソフトバンクは、2016年3月末以降に契約期間が満了となるお客様に対して、契約更新期間を1ヶ月間から2か月間に延長)。また、端末代金の支払いが終わっていない場合は、残っている代金を一括で支払うことになります。ほとんどの方が端末代金を24回分割払いの割引適用で購入していると思いますので、基本的に解約するのは契約して2年経ってからになります。

現在契約更新月の方はもちろんスグに乗り換えるのがお得ですが、すでに端末代金の支払いを終え、契約更新月がだいぶ先の方も、違約金を払ってでもスグに料金の安い格安スマホに乗り換えた方がお得です。契約更新月が2ヶ月後くらいであれば、契約更新月まで待ってから乗り換える方がお得になることが多いです(格安スマホユーザーの平均的な月額料金[端末代含む]は3,000円~4,000円)。

 

次に、月内のいつ頃解約するかですが、これは現在契約しているプランによって違ってきます。

電話かけ放題プラン」「パケット定額プラン」を契約している場合、月内のいつ解約しても定額料金の支払いが発生しますので、できるだけ月末に近いタイミングで解約するのが良いです。逆に、「通常プラン」は日割り料金が適用されますので、できるだけ早いタイミングで解約するのが良いです。

ソフトバンクは特殊で、締日が月末だけでなく、10日、20日と人によって違いますので、ご自分の締日が何日になっているかご確認のうえ、ご対応ください。

MNPを利用した解約ですと、格安スマホ会社側で予約番号の乗り換え手続きが完了した時点で正式に解約となるため、月末までに解約したい場合は余裕をもって7日前あたりから手続きをはじめるのが良いと思います。予約番号の乗り換え手続きは、申し込んでから1日~3日程度かかると思われます)。

 

格安スマホ会社の初月の利用料金は、基本的に日割りで計算されますので、こちらはいつ契約するかはあまり気にしなくてもよいです(楽天モバイル、BIGLOBE、OCNモバイルは無料。Yモバイルはデータプランのみ定額料金)。

 

ちなみに、私も妻もすでに端末代金の支払いが済んでいて、契約更新月もだいぶ先だったのでスグに格安スマホへ乗り換えました。

 

ページトップに戻る