トップページコラム > Wi-Fiテザリングで通信費を節約する

Wi-Fiテザリングで通信費を節約する

Wi-Fiテザリングとは、スマホ端末を中継機器として、Wi-Fiのネットワーク接続技術によって対応機器をインターネットに接続する方法です。Wi-Fiテザリングを利用すれば、別途モバイルWi-Fiルーターを用意しなくても複数のノートパソコンやタブレットをインターネットに接続することができます。なお、Wi-Fiテザリングでインターネットに接続した場合の通信速度は、基本的にWi-FiテザリングをおこなったSIMの通信速度に準じます。

 

Wi-Fiテザリングは端末によりますが、おおむね「設定」→「データ通信」→「テザリング」から利用することができます。「Wi-Fiテザリング」を有効にして、インターネットに接続したい機器を、Wi-Fi受信設定から指定された「Wi-Fiアクセスポイント(M02_AP)」につなぎます。その際に必要となる“パスワード”は、↓画像の「Wi-Fiアクセスポイント」をクリックした先のページに記されています。

Wi-Fiテザリングの設定

 

かくいう私はというと、テザリングというネットワーク接続技術を知るまでは、モバイルWi-Fiルーターを別途契約していました。私は2015年10月までガラケーを使っていたので、スマホにこのような機能が搭載されているとは思いもしなかったのです。

 

幸い、私が購入した格安スマホ端末「P8lite」「arrows M02」は、どちらもテザリングに対応していたので、契約しているSIMすべてでWi-Fiテザリングを利用することができました(端末によってはテザリングを利用できない場合がありますのでご注意ください)。ちなみに、私の契約しているSIMの高速データ通信容量をすべて合わせると15GB以上ありますので、モバイルWi-Fiルーターの解約も迷わずおこなえました(当サイトで各社の通信速度を比較しているため複数のSIMを契約しています)。

 

モバイルWi-Fiルーターの基本料金が月額4,000円ほどだったので、解約することで年間5万円近い通信費の節約になりました。Wi-Fiテザリングの存在に気づかず、この先ずっと月額4,000円を支払っていたと思うとゾっとしますね(汗)

 

ページトップに戻る