トップページコラム > 「千メモ」を格安スマホでプレイできる?

「千メモ」を格安スマホでプレイできる?

2016/8/29

千メモのダウンロード画面

千メモ(サウザンドメモリーズ)」は、同じ色の魔法陣の上に立つキャラをつないで敵を攻撃していくパズルロールプレイングゲームです。つなぐキャラが増えるほど攻撃力は上がり、一度攻撃したキャラは画面から消え、後ろから新たなキャラが追加されます。こまめにつないで敵にダメージを与えるか、大量につないで一気にダメージを与えるか、戦略によって攻撃パターンが何通りも存在します。

 

今回千メモのプレイで使用した格安スマホは、ドコモ回線・au回線ともに対応しているarrows M02で、使用したSIMは、MVNOの中で通信速度が比較的出ているmineo(ドコモ)です。

 

千メモの起動画面

初回起動時のデータダウンロードはとくにありませんでしたが、チュートリアル終了後に2.5GB近くのデータダウンロードがありましたので、ここまではWi-Fiで処理した方がよいでしょう。それにしても2.5GBって何かの間違いかと思うくらい大きいですね。

 

千メモの戦闘シーン

戦闘シーンは、9人の味方と敵キャラが存在しますが、基本は静止しており、攻撃時に一斉に動きます。一斉に動き出すキャラの数は、同じ色の魔法陣をつないだ数になり、最大9人の攻撃が可能です。チュートリアルでは、その9人コンボを発動しましたが、画面がカクつくようなこともなく普通に処理されました。

 

千メモの戦闘シーン

ストーリー部分のアニメーションはなかなかグラフィック性が高そうでしたが、こちらも問題なく処理されていました。これなら、格安スマホでも十分に「千メモ」を楽しむことができると思います。

 

ただ、このあとに現在通信速度が落ち込んでいる楽天モバイルでもプレイしてみましたが、こちらは読み込みでつまずくことが多く、プレイするにはむずかしい状況でした。

 

 

ページトップに戻る