トップページコラム > 「ポケモンGO」を格安スマホでプレイできる?

「ポケモンGO」を格安スマホでプレイできる?

ポケモンGOダウンロード

爆発的な人気で大流行している「ポケモンGO」を格安スマホで実際にプレイしてみました。今回プレイ時に使用した格安スマホはドコモ回線・au回線ともに対応しているarrows M02で、使用SIMは、MVNOの中でも通信速度が比較的早いmineo(ドコモ)です(後日楽天モバイルでもひととおりプレイしてみましたが、こちらでも問題ありませんでした)。

 

ポケモンGOをプレイ

ポケモンGOで消費した高速データ通信容量

「ポケモンGO」のダウンロードで消費したデータ通信量は58MBで、Lv7までのプレイ(10時間ほど)で消費したデータ通信量は66MBでした。それなりに長い時間プレイしたので、もっと消費していると思っていたのですが、あまりデータを消費しない仕様のようです。これなら月3GBプランで十分に楽しむことができると思います。

 

プレイ時の動作ですが、まったく問題ありませんでした。いろいろ動き回りましたが、通信の切断はもちろん、画面が停止することもなく、快適にポケモンGOを楽しむことができました。もちろん、話題の拡張現実[AR]機能(実際の風景の中でポケモンを捕まえることができる)も問題なく利用できました。

ポケモンGOのAR機能

 

とりあえず、格安スマホでもarrows M02mineo(ドコモ)の組み合わせなら安心してポケモンGOを楽しむことができると思います。ただ、中にはポケモンGO非対応の格安スマホもありますので、ご注意ください。今後、ポケモンGOの動作確認が発表された端末は、確認次第、随時こちらのページで紹介していきます。

 

 

 

ページトップに戻る