トップページコラム > 「ラブライブ」を格安スマホでプレイできる?

「ラブライブ」を格安スマホでプレイできる?

2016/8/18

ラブライブのダウンロード画面

ラブライブ」は、Aqoursやμ’sの曲に合わせてパネルをタップして遊ぶリズムゲームです。今回ラブライブのプレイで使用した格安スマホは、ドコモ回線・au回線ともに対応しているarrows M02で、使用したSIMは、MVNOの中で通信速度が比較的出ているmineo(ドコモ)です。

 

ラブライブの起動画面

起動直後のデータダウンロードは100MBほどでしたが、チュートリアル後にあるデータダウンロードで1GB近い通信量が消費されましたので、そこまではWi-Fiでおこなった方がよいと思います。ストーリー展開はフルボイス付きですが、問題なくすすめることができました。

 

ラブライブの戦闘シーン

リズムゲーム時の動作に関しては、音楽が流れてはいますが、動きは画面中央上部の音符マークからわっかが飛んでくるだけなので、カクついたりするようなことはありませんでした。タッチの反応もタイムラグを感じるようなことはなく、まったく問題なくプレイすることができました。

 

ラブライブのアニメーションシーン

アニメーション部分に関してもなめらかに動いていました。とりあえず、プレイに支障をきたすほどの負荷はかからなさそうですが、全体的にそれなりの通信料が消費されていますので、モバイルデータ通信でおこなう場合はある程度の容量を用意しておく必要があります(5GBプラン以上がのぞましいです)。

 

また、現時点で通信速度がやや劣る楽天モバイルでもプレイしてみましたが、こちらは読み込みで引っかかることが多かったです。ライブライブをストレスなく楽しんでプレイするなら、通信速度がそれなりに出ているSIMをご利用ください。

 

 

ページトップに戻る