トップページコラム > 「ドッカンバトル」を格安スマホでプレイできる?

「ドッカンバトル」を格安スマホでプレイできる?

2016/8/18

ドッカンバトルのダウンロード画面

ドッカンバトル」は、ドラゴンボールZの最新作である「ドラゴンボール超(スーパー)」の登場キャラまでをカバーした「すごろくパズルゲーム」です。戦闘時のアニメーションは、ディスプレイ全体を使用した高グラフィック動画で、ゲームタイトルに恥じない大迫力で展開されています。アプリのダウンロードにおける消費データ通信量は47MBでした。

 

今回ドッカンバトルのプレイで使用した格安スマホは、ドコモ回線・au回線ともに対応しているarrows M02で、使用したSIMは、MVNOの中で通信速度が比較的ているmineo(ドコモ)です。

 

ドッカンバトルのオープニング画面

初回起動時のデータダウンロードはとくにありませんでしたが、チュートリアル後に500MBほどのデータダウンロードをすることできます。ここでデータを一括ダウンロードしておくと、ストーリーの合間にある読み込み容量を小さくすることができます。外出先でプレイするのであれば、Wi-Fiで処理しておくのが良いと思います。

 

ドッカンバトルのパズルゲーム画面

パズルゲーム時の動作ですが、キャラもそれなりに動いてけっこう負荷がかかっていそうですが、カクつくようなこともなくなめらかに動いていました。

 

ドッカンバトルの戦闘アニメーション

大迫力の戦闘アニメーションもカクついたりすることなく、なめらかに動いていました。ちなみに、アニメーションの画質は調整することができます。今回は「標準」でプレイしましたが、「省エネ」も選ぶことができますので、アニメーションが止まったりするようであれば、こちらで画質を落としてみてください。

 

読み込みで多少もたつくことはありましたが、その他はとくに問題なくプレイすることができました。これなら、格安スマホで「ドッカンバトル」を十分に楽しむことができると思います。ただ、極端に回線が込み合う12時台などはさすがにきびしい感じです。

 

このあと、通信速度が遅い部類にある楽天モバイルでもプレイしてみましたが、こちらは読み込みで引っかかってしまい、ゲームをプレイすることができませんでした。

 

 

ページトップに戻る