トップページコラム > 実際の通信速度が遅い理由

実際の通信速度が遅い理由

格安スマホの通信速度ですが、よく「下り最大○○Mbps」と表示されていますが、実際にそのような通信速度が出るわけではありません。この数値は、あくまで最適な通信環境でおこなった場合の理論値であって、実際に出る通信速度とは大きくかけ離れています。

なぜ、このようなこと起こるかと言いますと、最も大きな要因として、格安スマホ会社(MVNO)がドコモ(MNO)などから借りている通信網を複数のユーザーで利用していることがあげられます。保有する通信網に対して、同時に利用するユーザーが多ければ多くなるほど、通信網を分け合って利用するため、実際に出る通信速度は遅くなります。

つまり、保有する通信網に対して、同時に利用するユーザーが多い格安スマホ会社ほど、実際の通信速度は遅くなるのです。

 

ページトップに戻る