トップページコラム > 「ぼくとドラゴン」を格安スマホでプレイできる?

「ぼくとドラゴン」を格安スマホでプレイできる?

2016/8/25

ぼくとドラゴンのダウンロード画面

ぼくとドラゴン(ぼくドラ)」は、指1本でかんたんに操作できる本格3Dアクションロールプレイングゲームです。人気のギルド(集団)バトルシステムも搭載しており、友だち同士で盛り上がれます。

今回ぼくとドラゴンのプレイで使用した格安スマホは、ドコモ回線・au回線ともに対応しているarrows M02で、使用したSIMは、MVNOの中で通信速度が比較的出ているmineo(ドコモ)です。

 

ぼくとドラゴンの起動画面

初回起動時のデータダウンロードは200MBほどでデータ通信量をそれほど消費しませんでした。これならモバイルデータ通信だけでも十分に対応できますが、Wi-Fiが使えるようであればWi-Fiで処理した方がよいでしょう。

 

ぼくとドラゴンの戦闘シーン

3Dアクション戦闘シーンは、背景もキャラもかなりグラフィック性の高いしっかりした構成となっており、動作もけっこう細部まで表現されていますので、かなり負荷がかかっていそうでした。ただ、それでも画面が少しカクつくくらいで普通にプレイすることはできました。

 

ぼくとドラゴンの戦闘シーン

ド派手な演出のドラゴンのアニメーションも問題なく処理されていました。

 

ぼくとドラゴンの戦闘シーン

ギルドバトルシーンに関しても、通信が遅れるようなことはなく、アニメーションもしっかり対応できていました。全体を通して一番きびしそうだったのは、やはり3Dアクション戦闘シーンでしょうか。私がプレイした感じではそこまで気になりませんでしたが、気になる人は気になるところなので、真剣にやりこみたい方などはやめておいた方がよいかもしれません。

今回は回線がそれほど混雑していない時間帯でのプレイでしたが、それでも少しカクついていたので、回線が極端に混雑する平日の12時台はもちろん、21時あたりでもプレイに支障が出るかもしれません。

 

このあと、通信速度が比較的遅い部類にある楽天モバイルでもプレイしましたが、こちらは読み込みで止まってしまい、プレイ自体ができない状況でした。

 

 

ページトップに戻る