トップページコラム > 高速データ通信容量1GBでできること

高速データ通信容量1GBでできること

格安SIMのプランは、まず「データ通信SIM」「通話SIM」のどちらかを選び、続いて高速データ通信容量を選ぶことになります。

これまでキャリアのスマホを利用していた方は、だいたい自分がどれくらい高速データ通信容量を必要とするかを把握していると思いますが、私のようにガラケーからいきなり格安スマホに乗り換える方は、まったくわからないのではないでしょうか?

 

そこで、そのような方にも安心して高速データ通信容量を選んでいただけるよう「高速データ通信容量1GBでできること」をまとめてみました。

作業内容 1GBでできること
webページ閲覧 4,000~5,000ページ(約150ページ/日)
youtube視聴(低画質) 450分~500分ほど(約15分/日)
LINE・Skype電話 1,850分ほど(約60分/日)
Gメール・LINE送信 20万回超(約6,500回/日)
グーグルMAP 1,400回ほど(約45回/日)
音楽ダウンロード 100曲ほど(約3曲/日)
アプリダウンロード 20回~30回(約1回/日)
ゲームプレイ(パズドラ) 2,000ダンジョン(約65ダンジョン/日)

 

多くのデータ容量を必要とするのは、「アプリ・音楽ダウンロード」「動画視聴」です。これらを一切しないのであれば、高速データ通信容量1GBでも十分対応できます(3GBあればまず問題ないでしょう)。

上記の表を参考に、ご自身に合った高速データ通信容量を選んでいただければと思います。

 

また、スマホ利用者の平均月間データ通信量も参考になると思いますので、よければご覧ください。

 

ページトップに戻る