1/20 2016年冬モデルおすすめ端末一覧
1/16 人気端末12機種の割引キャンペーン -楽天モバイル(2/1まで)超得!
1/12 クラロワ攻略日記 更新!
1/11 2017年1月の格安スマホ会社の通信速度を比較 更新!
1/ 7 激安!掘り出し物スマホ -楽天モバイル(2/1まで)超得!
1/ 7 5,000ポイントバックキャンペーン -TONE(2/28まで)
1/ 1 2017年おめでとうございます!
12/ 4 人気スマホ大特価セール -NifMo (売り切れ次第終了)超得!
12/ 2 スマホセット6ヶ月割引キャンペーン-BIGLOBE(1/31まで)お得!
過去のお知らせを見る

格安スマホやSIMを比較してみました

 夫婦そろって格安スマホに乗り換えました!

photoこのサイトは、私と妻が実際に格安スマホを選ぶ際に納得するまで比較した内容をまとめたものです。「格安SIM」「格安スマホ端末」「格安スマホ会社」の比較だけでなく、格安スマホに関連する用語基本情報や「ゲーム・アプリの動作確認」「タイプ別おすすめの格安スマホ会社」なども紹介しています。格安スマホについて興味があり、中身について詳しく知りたいという方のお役に立てれば幸いです。

また、実際に妻が格安スマホに乗り換えるまでにおこなった作業も載せていますので、誰でもかんたんに乗り換え手続きをおこなっていただけると思います。

 

格安スマホの月額支払いは、端末代込みでも3,000円以下に抑えることができます。一般的な大手キャリアのスマホユーザーの月額支払いが7,500円程ですので、年間あたり4,500円✖12ヶ月=54,000円もの節約になります。私たちのように夫婦で乗り換えるとこの倍ですから、108,000円もの節約になります。これだけ節約できたら家計の負担もだいぶ軽くなりますね♪

 

私たちが現在契約している格安スマホプラン

夫婦ともに楽天モバイルの通話SIMを利用しています。私は2015年10月に『P8lite』を、妻は同年12月に『Desire 626』を購入し、ともに高速データ通信容量3.1GBプランを契約しています。端末代含む月額合計支払いは、2人合わせて5,000円程です。妻は年末年始の端末割引キャンペーンで端末を半額で購入しているので、月額合計支払いがさらに安くなっています。

 

端末
(レビュー)
価格
(24回)
OS  写真
背面
/前面
バッ
テリ
高速
通信
月額
料金

通話
SIM
月額
合計
支払
サイズ
重量
画面  RAM
/ROM 
CPU
周波数
/帯域
P8lite

HUAWEI
28600
(1192円)
Android
5.0
1300
/500
2200mAh なし 1250 1875
3.1GB 1600 2792
H:143mm
W:71mm
D:7.7mm
131g
5インチ
HD
2GB
/16GB
8コア
1.2GHz/
LTE
band1
band3
band19
5GB 2150 2775
10GB 2960 3585
Desire 626

HTC
27800
13900
(579円)
Android
5.1
1300
/500
2000mAh なし 1250 1875
3.1GB 1600 2179
H:146.9mm
W: 70.9mm
D: 8.19mm
165g
5インチ
HD
2GB
/16GB
4コア
1.2GHz/
LTE
band1
band3
band19
5GB 2150 2775
10GB 2960 3585

 

 

格安スマホを実際に利用して思ったこと

気が付けば利用期間が1年を経過しました。実際に格安スマホを利用して思うことは、想像していたより“使える”ということです。

一般的に「格安スマホは通信速度が遅い」と思われていますが、それはあくまで大手キャリアと比較して遅いだけで、普段使う分には何の問題もありません。私もはじめは「格安スマホだから動画とかは見れないんだろうな」と思っていましたが、実際にyoutubeなどで動画を開いてみたら問題なく見ることができました。さすがにパソコンと比較すると、通信が混雑する時間帯は止まったりすることもありますが、それ以外の時間はほとんど変わりありません。

 

テレビCMなどにより格安スマホの認知度は高まっていますが、大手キャリアと比較すると利用者はまだまだ少ないです。当サイトを介して、みなさんの格安スマホに対する不安を解消し、少しでも多くの方の乗り換えのお手伝いができれば嬉しく思います。

 

総合的におすすめの格安スマホ会社

総合的におすすめの格安スマホ会社はmineo(ドコモ)です。私も通信速度測定のためデータSIMを契約して利用していますが、他の格安スマホ会社と比較して、通信速度が安定的に高位で推移しており、youtube程度の動画であれば、ほとんどの時間帯で問題なく視聴できます。もちろん、アプリゲームもよほど重たいものでなければ問題なくプレイできます。

 

私が乗り換えた当時は端末の品揃えがイマイチでしたが、今は非常にコストパフォーマンスに優れた端末も置いています。もし、私が今乗り換えるなら間違いなくmineo(ドコモ)を選びます。基本料金に関しても比較的安く問題ありません。正直、基本料金はどの会社も似たような水準ですので、比較する必要はないでしょう。

 

もっと節約したい方におすすめの格安スマホ会社

もっと節約したい方におすすめの格安スマホ会社は楽天モバイルです。価格帯の低い端末が他社と比較して充実しており、年に数回おこなわれる割引キャンペーンを利用すれば、さらに半額程度で購入できます。SIMの基本料金と違い、端末は各社で品揃え・価格にばらつきがありますので、重要な比較ポイントになります。

 

通信速度に関しては正直物足りない面がありましたが、徐々に改善されています。現在は、回線が最も込み合う平日12時台以外の時間帯であれば、他社と比較しても見劣りしない水準になっています。

 

電話をよくする方におすすめの格安スマホ会社

電話をよくする方には5分以内の国内通話が何回でもかけ放題になるオプションサービスがある「mineo(2017年2月1日から)」「楽天モバイル」「UQモバイル(2017年2月22日から)」「DTI SIM」「IIJmio」「BIGLOBE」がおすすめです(DTI SIMは、端末を販売しておらず、レンタルサービスを提供しています)。

 

mineoが「かけ放題サービス」をはじめたことで、いよいよ死角がなくなってきました。現状では、文句なく総合1位でしょう。

 

ページトップに戻る